準備


まず店舗情報を設定しよう

トップメニューから[基本設定]→[店舗情報を設定]を選択してください。
シフトManをご利用頂くための初期設定をして頂きます。
これから毎回作成するシフト計画の基本となる体制人数、作成期間の単位、時間の単位を設定しましょう。
シフト体制の人数は、日に応じて増やしたり減らしたりも可能ですが、ここではまずは基本となる情報を設定してください。


申請パターンの準備

トップメニューから[基本設定]→[申請パターンを編集する]を選択してください。
スタッフの申請方法には何時から何時までと正確に申請することもできますが、
早朝、早番、遅番、深夜など、入力を簡略化出来るように、
あらかじめ申請パターンを用意することができます。



勤務パターンの準備

トップメニューから[基本設定]→[勤務パターンを編集する]を選択してください。
早朝、早番、遅番、深夜など、それぞれの勤務時間を時間帯別、
またはバイト代別等に集計できるよう勤務パターンの設定をおこないます。

勤務表作成時に計算される休憩時間の設定をおこないます。
あらかじめ申請パターンを用意することができます。




Copyright © Baysol, Inc. All Rights Reserved.